BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

最近買った音楽。おさらい含む。

全部 iTunes で。

nano.RIPEハナノイロ」。
花咲くいろは 前期オープニング曲。
全体的にベタ。よくある J-POP バンドの曲。という印象。
でもアニメで繰り返し聴かされて、特に B メロを気に入った。
このテンポ、この曲調、近年のアニソンに多いような気がする。
ニコ動のボカロオリジナル曲でもよく聴くタイプなので
要するに 2010 年代はこういうのが流行りになっているんだろうな。

スフィア「Hazy」。
花咲くいろは 前期エンディング曲。
なこち と ゆいな の役のひとを含む女性声優四人によるユニットの曲。
他の曲も多少試聴してみたけど、これ以外気に入る曲はなかった。

宮森あおい&安原絵麻&坂木しずか「Animetic Love Letter
SHIROBAKO 前期エンディング曲。主役五人衆のうち三人の歌唱曲。
サビの構成がおもしろい。特にその後半が良い。
しかし誰がどこを歌っているのかまるでわからない。
特に 絵麻ちゃん と ずかちゃん の歌声は違いがわかりづらい。

城ヶ崎美嘉(CV:佳村はるか)「TOKIMEKI エスカレート」
アイドルマスターシンデレラガールズ のキャラクターソングのひとつ。
2012 年の曲。わかりやすいダンスポップアイドルソング
ぱっと聴いた感じ、歌に自信がないひとの CD デビュー作とは思えない。
いったいどれくらいピッチやタイミングの修正を施したのか、知りたい。
というか、レコーディングした素のままのボーカル音源が聴きたい。

佳村はるか as 神長香子「ACROSS THE FATE
昨年放送のアニメ「悪魔のリドル」のエンディング曲のひとつ、であり
登場キャラ十数人のキャラクターソングのひとつ。
クールめ、ちょい暗めの、四つ打ちのエレクトロテイストの。トランス風か。
ぱっと聴いた感じ、城ヶ崎美嘉 と同じひとが歌っているとは思えない。
上の曲から二年経って、表現力は格段に上がったらしい。

椎原こはる(cv:佳村はるか)「ほんわか日和」
昨年放送のアニメ「天体のメソッド」より、
先日発売されたばかりのキャラクターソング CD のうちの一曲。
試聴して吹き出した。ロリィなボーカルで曲名通りのほんわか曲。
これを買うのか・・・と迷った。
上の 3 曲もべつに音楽性に惚れて買ったわけじゃないし、まあいいか、と。
この歌い方は声帯にかなり負担がかかっているような気がする。
21歳くらい(笑)の女性が歌っている、と考えてはいけないんだな。

Happy Dance「キミに恋心」
アニメ趣味ではなく、小澤正澄 趣味からの。
仙台出身のアイドルグループ、ドロシーリトルハッピー の妹分
かなんかのアイドルグループの昨夏のデビューシングルの c/w 曲の一曲。
年末ぐらいに 小澤正澄 楽曲であることを知りながらも
試聴するのを忘れていて、今に至る。
デビューシングル収録の 3 曲とも、
作詞作曲編曲ミックス、プロデュースまで 小澤正澄
「明日へ Stand up!」っていうタイトル曲も良かったけど
なんというか、先述した 2010 年代の流行り的曲調で気に入らず。
もう一曲「諦めないで」は ドロシーリトルハッピー の曲で既に購入済み。
この「キミに恋心」は、率直に言って、もろに PAMELAH 曲。
そのものと言っていい。歌詞は痛々しいほどアイドルチックだけど。
サビ終わりの「♪アイフォリンラー」のコーラスなどは
水原由貴 が歌っているんじゃないかと思えるほど PAMELAH っぽい。
というかこの作詞も、名義を 小澤正澄 にしているだけで・・・などと考えたり。
ベタといえばベタな曲だけど、一発で気に入った。
まだこんなに瑞々しい曲が書けるんですね。ギターソロが無いのが惜しい。