BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

「長門有希ちゃんの消失」 〜 12 話

10 話以降、空気激変、やっとタイトル回収展開に。なんで「長門有希ちゃん」なんだろう、などといった疑問も解消。つまりオリジナル 涼宮ハルヒ の世界の「長門有希」とは別モノだから。そのコが消えて、代わってオリジナルのヒューマノイドインターフェイスに近い 長門有希 に変質。それで「ちゃんの消失」か。と理解したのは 11 話。キャラクターデザインの違いや台詞の発し方の違いもそういうことか、と。本題に入るまでに 10 話もかけた意味は、12 話で元の 長門有希ちゃん の記憶を思い出しかける時に、それが 長門有希 にとっていかに重いものか、説得力を持たせるためだったのかな、と。或いは、観逃した 1 〜 4 話に別の伏線的な何かがあったのかも。
何話まで続くのか知らないけど、かなりおもしろくなってきた。