BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。」

全 12 話。バンダイチャンネル見放題。通常の見放題。
「りめいく!」や「下野ゼミナール」からの 佳村はるかさん 繋がりで知った 橋本ちなみさん のデビュー作にして初主演作、とのことで観ておこうと思った。『顔出しでバラエティ活動する声優』としてはよく知っていたけれど、本業のアニメ声優としては「SHIROBAKO」と「監獄学園」以外では知らず、もっと本格的な演技力のわかる作品を観てみたい、とも思って。
内容は、片親同士の再婚により義兄妹となった高校生男女二人と、その兄の方に思いを寄せ、妹に取り憑いた幽霊少女が色々奮闘する日常系。
橋本さん の活動チェックのための視聴なので合わない作品だったなら 1 話でやめようと思いながら観始めたら、絵も脚本も悪くない感じで、なかなかたのしく観られた。調べたら、監督は 水島努 作品の数々に参加してきたひとらしい。納得。
しかしえろ描写が 1 話から躊躇なく盛り込まれており驚いた。昔月刊少年ジャンプかマガジンで見たような上村純子先生あたりの作風を思わせる発禁寸前漫画的ストーリーとその描写そのものはもちろん、これを演じているのがあの ちなみん とは・・・ってことでも刺激強めだった。色気演技、実質二役を兼ねる日常芝居共々、これがデビュー作かよ、とも思った。いきなりの初主演抜擢にも納得。
そういえば、共演の 小倉唯 もまた、こんな役で、興味深い。数年前ハロプロ趣味の頃に知った『 T-1059 号』のあのコを、こうして趣味が変わった今、また観ることになるとは。奇妙な感じ。
全 12 話、憑依ものとしてはベタな話でありながらわりとダレることなく、えろ要素強めでありながらそれを強調するばかりでもなく、おもしろかったのだけど、最終回は盛り上がり今ひとつ。日和 や ネコ の謎も残ったままで消化不良。ED 映像の意味も気になった。続編があったら観ると思う。


プリズン や 下セカ や、今期作品が特別なわけではなかったことを知った。生徒会役員共、妹ちょ、他にも、きわどい路線のアニメは既に前例がそれなりにあるらしい。でいて、主にニコ生にいるようなアニヲタさん方はそういう系統を好む傾向にあるらしく、日本のテレビアニメのファンの多くもまたそういうひとたちなんだろう。