BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

「よみがえる空 -RESCUE WINGS-」

バンダイチャンネル見放題。全 12 話+外伝的 OVA 1 話の計 13 話。
観たい作品が無くなったので、見放題対象期間終了間近の作品から、あらすじ読んでなんとなくよさそうなものをてきとうに選んで観た。
舞台はぞいや石川県、航空自衛隊にてジェット機乗りを志望するも救難隊のへリ操縦士に回され、死んだ目で救難の職に就いた青年と、そいつの事情とは関係なく日々巻き起こる事故に命懸けで取り組むヘリ救難チームの話。
てきとうに選んだものの、意外に結構当たりだったと言える。キャラクターデザインのせいなのか、キャラは物凄く地味で、声優さん方の演技も淡々としたものだけど、つまらないわけじゃなく、へリなどのメカの CG 描写は細かく描かれているし、救難現場のシーンは緊張感があって見応えもあった。命を扱うデリケートな作風に合わせて、絵も声優も実直に職人的に仕事をこなしているという印象だった。
救難ものなのに、救えず死なせてしまう無情な回があるのも、不謹慎ながら良かった。すごく重い気分にもなったけど。
あと、救難環境周辺のマスコミや報道が如何に疎ましい存在であるか、直接的ではないにしても描いているのもよかった。
その意味では、そんな救難活動をアニメやドラマにしようなんて不届きで不謹慎で、作品自体に矛盾を孕んでいる気もするけども、いたずらに泣ける作品で数字を取ろう小銭を稼ごうみたいな不純な動機でつくられたものでないらしいことは観ればわかる。むしろアニメだからこそ、実写再現の難しい救難現場を描けるし、作品化する意味もあったんじゃないかと思った。



バンダイチャンネル、特に意味のない会員レベルが 100 に到達。