BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

またアニソン買った。

CD

アイマス、シンデレラ 関連の楽曲はなかなか iTunes 配信されないので、やや渋々、しかし、佳村はるか ディスコグラフィを揃えるのもよかろうと思い、購入に至った、以下 3 枚。ついでに デレラジ DVD も Vol.7 まで揃えた。

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 009 城ヶ崎美嘉
モバゲー「アイドルマスターシンデレラガールズ」からのキャラクターシングルシリーズ第 2 弾 5 枚のうちの一枚。CV 佳村はるか。2012 年 8 月発売。
城ヶ崎美嘉 のソロ歌唱曲「TOKIMEKIエスカレート」と同曲カラオケ、ドラマ音声、ボーナストラック、の計 4 トラック収録。曲については過去に iTunes で購入済み。なので、他のトラックが目当て。
ドラマは、キャラクターを演じ、台本に忠実っぽいけども、さすがにまだ 城ヶ崎美嘉 が馴染んでいない感じ。カリスマ感も甘め。トーンが妙に高めだったり、たまに言葉尻が震えたり、緊張が感じられる。
ボーナストラック はゲームか何かで使われたらしきキャラ台詞集。1 分弱で 10 コ程度。サンプリングして私的利用の範囲内で遊んでね、ということかな。遊びたいけど暇が足りない。

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Passion jewelries! 001」
モバゲー「アイドルマスターシンデレラガールズ」からのキャラクター CD シリーズ、パッション属性の代表キャラ 5 名による合同作。2013 年 10 月発売。城ヶ崎莉嘉諸星きらり城ヶ崎美嘉本田未央赤城みりあ の 5 名が参加。全員曲 2 曲、各ソロによるカバー曲 5 曲、ドラマ音声、カラオケ 1 曲収録。
全員歌唱の王道アイドルポップ「Orange Sapphire」と 城ヶ崎美嘉 の曲が目当て。各カバー曲は選曲意図不明、みんなキャラにあまり合っていない感じ。いや、発売当時からの モバマス 先輩 P さん方なら納得できるもんなのかな。
ボーナスドラマ は、ちょっと、全員電話で会話しているかのような別録り感が。あと、元気なパッション娘たちの声はみんなキンキン、ちょい耳に痛い。キャッキャウフフの盛り上がりは、二重の意味で、痛い。悪くはない。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 02」
アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」の 2nd シーズンでの新曲、凸レーション with 城ヶ崎美嘉 による「私色ギフト」と CANDY ISLAND with 輿水幸子 による「Heart Voice」ほかを収録したシングル。
「私色ギフト」がとても良いのはもちろん、「Heart Voice」も悪くないと先日ふと気づき、買ってもいいかなと思った。
「私色ギフト」、アニメの内容に合わせてこの編成での楽曲になったのだろうけど、やっぱり欲を言えば 城ヶ崎姉妹 のみでフルコーラス聴きたい。その意味では、姉妹のみが歌う 1 番 A メロ、2 番 B メロがとても良い。そうか、つまり自分で編集すれば、サビ以外姉妹のみのバージョンが作れるかも。
「Heart Voice」は、♪みーれーなーいー、のとこがなぜか好き。

THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 009 城ヶ崎美嘉 THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER Passion jewelries! 001 THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 2nd Season 02


iTunes Store

シンデレラ 関連の欲しかった楽曲がやっと配信開始になったので、ついでに先月までに観たアニメ関係の曲も合わせて大量購入のアホ。

BUCK-TICK 「蜉蝣-かげろう-」
アニメ「xxxHOLiC」 後期 ED テーマ。2006 年、BMG 所属時代の曲。
バクチクは昔からたまに聴く程度には好きだけど、この曲はこの度初めて知った。昔の「スピード」のような曲調と言えるのかな。今井寿 らしい。音はシンプルでストレートで強力。さらに歌が強い。ビブラートに聴き入る。

BUCK-TICK 「形而上 流星」
これはアニソン無関係。昨年のアルバムの先行シングル。アルバム発売に伴って行われた全員出演ニコ生特番で聴いて気に入っていた。のを忘れていた。のを「xxxHOLiC」観ている時に思い出した。
40 〜 50 代の重み深み渋みを含みつつ、スタイルとしてのバクチクは変わらず、みたいな感じで、非常に洗練されたかっこ良い曲だと思う。良い老け方だ。

多田葵 「灼け落ちない翼」
アニメ「Charlotte」 ED テーマ。
この夏、アニメを観続ける中でじわじわ好きになった。今月になって配信されているのを知り、買おうと思った。透明感と爽やかさとほんのちょっぴり切なさと。の良いブレンド

Ray 「lull 〜そして僕らは〜
アニメ「凪のあすから」 前期 OP テーマ。
先日ニコ生で全話一挙配信の時に聴いたら欲しくなった。曲そのものより、イントロのリードシンセの音が、クる。凪あす の爽やか苦しい物語全容を一発で思い出す音。妙に鳥肌立つ。
そういえば I've 曲。どうやら I've の曲を買うのは、ガールズコンピ『EXTRACT』以来らしい。この曲は 中沢伴行 の王道という感じ。川田まみ の「明日への涙」風。作詞が 川田まみ だからなのか、Ray 自体がそういうひとなのか、歌い癖が 川田まみ そっくりで、本人が歌えばいいのに、と思ったり。
Ray の声で「風と君を抱いて」とか「eclipse」を聴いてみたい気もする。

やなぎなぎ三つ葉の結びめ
アニメ「凪のあすから」 後期 ED テーマ。
これも同じく、ドラマティックなイントロが良い。それとメロディー少なめ、伸びやかなサビが気持ちいい。それにしても P.A.WORKS の作品は主題歌の選曲センスも良いんだな。作品ひと通り観た後の楽曲購入率が個人的に結構高い。

CINDERELLA PROJECT 「夕映えプレゼント」
アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」 1st シーズン ED テーマ。
ずっと欲しかった。たぶんアニデレで一番の名曲。きっと、城ヶ崎美嘉 が参加していて、この曲単体で CD 化されていたらたぶんもっと早く買っていたに違いない。そういう意味で色々惜しい。テンポ半分のバラードアレンジなら尚良かった。

Rosenburg Engel 「-LEGNE- 仇なす剣 光の旋律
アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」 第 8 話 ED テーマ。
重度の中二病患者、神崎蘭子 によるソロユニットのデビューシングル。初めて聴いた時は笑ったけど、シンデレラ 関係のラジオで何度か耳にし、デレステ でプレイしたりする中で、有りかな、と思うようになった。
CV 内田真礼 の歌声は、特に好きでも嫌いでもない。声優だな、と。

LOVE LAIKA 「Memories」
アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」 第 6 話 ED テーマ。
鬼門的扱いをされる話数にて、苦々しいシーンのバックで流れた、しっとりおねえさん 新田美波 とおっとりロシア娘 アナスタシア による大人しいデュオのデビューシングル。80 年代後期アイドルシーンを代表するデュオを彷彿させる楽曲。80 〜 90 年代で音楽感性が止まっているおっさんの琴線に触れまくり。
CV 洲崎綾上坂すみれ。すみぺさん もまた特徴の無い歌声だな。

765PRO ALLSTARS 「READY!! (M@STER VERSION)」
アニメ「アイドルマスター」 前期 OP テーマ。
シンデレラ の「Star!!」よりも、そういう曲を聴きたくなる時、口ずさみたくなる時、思い出すのはこっち。なぜか。なぜだ。で、思い出すたびに、だんだん良い曲だと思えてきて、今更購入。
♪ひとつひとつー / ♪エン・タテ・イメン / ♪ナンバワーン といったサビ中のフレーズ、譜割りに対しての言葉の当て方にクセがあり、上下よく動くメロディーと共に、すごくフックになっていて頭に残る。
フルユニゾンなのか、歌声の聴き分けはまったくできず、パッと聴いた感じ シンデレラプロジェクト の全員曲と印象ほぼ同じだけど、「↑」の上昇感覚、突進力みたいなものは アイマス 関連曲中最高級に思える。アイマス 関連曲って、でもたぶん半数も聴いたことないな。

監獄男子 「愛のプリズン」
アニメ「監獄学園(プリズンスクール)」 OP テーマ。
主演の男子生徒役 5 人による主題歌用ユニットが歌う曲。元ネタと思われる Offspring の「All I Want」があるので買う必要ないなとアニメ放送中は思っていたものの、先日、全話フリーダム一挙配信の時、改めて良いぬるさだなーと思い、ジョー のパートも聴きたくて、購入。ジョー・・・。

OxTClattanoia
アニメ「オーバーロード」 OP テーマ。
同じく、放送中は買うほどではないと思っていたものの↑ と ↓ の 2 曲を買うならこれもいっとこう、と思い立って購入。ついで。♪てえーイーエーイーエー が気持ちよくてクセになる。それだけの曲。

JAM Project 「THE HERO !! 〜怒れる拳に火をつけろ〜」
アニメ「ワンパンマン」 OP テーマ。
アニメを 1 話切り撤回して継続に変えたのは、この歌の力が大きい。1 話を観た数日後の仕事中、急に頭の中に「♪ヒーロゥ!」と流れ、あ、これ良いやつだ、と思い、歌聴くついでに 2 話観よう、と思った。最強アニソンユニット、影山ヒロノブ、さすがだ、と思わせる一曲。



アニソンとはいえ、音楽関係にいっぺんにこんなに金使うのは久しぶり。映像の力、連続作品で継続して聴かせるタイアップの宣伝力はすごい。テレビ業界を潰せないのはそういう理由なんだな。