BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

「ケメコデラックス!」

dアニメストア見放題、全 12 話。2008 年放送作品。
水島努 監督作の未視聴作を観るシリーズ。
素朴な少年が暴走系ヒロインはじめ周囲の多種多様な美少女に翻弄される、なしくずし的クレイジーハーレム系+人造人間バトルもの。水島努 作品においては、「撲殺天使ドクロちゃん」、「大魔法峠」と同じ系譜にあると言える。そのタイプのテレビシリーズ。プラス、「くじびきアンバランス」っぽいところもあった。スタッフも ドクロちゃん 直系の布陣、総作監ガルパン の 杉本功。テレビ放送作なので、各種アレな描写の過激さは ドクロちゃん などに比べるとわりと控えめではあるけど、よく観ると、あちこちにちょいちょい色々仕込んであって笑える。特に OP にはヤバさが滲んでいて、大丈夫だったのかこれで、と思った。
話は、よくわからない感じで始まって、よくわからない感じがずっと続き、よくわからないまま、ほとんど何も解決せず終わった。未完の問題作、か。きっと話云々よりも、キャラクターのクレイジーっぷり、水島努 作品らしい奇天烈なグルーヴ感を楽しむ作品なのだと思う。声優さん方の演技の端々に、そんなノリが窺えたような気もした。特にやはり、ケメコ = 斎藤千和 の芸達者っぷりがすごい。どういう指示をすればこんなえげつない演技になるのか、と何度も思った。
音響監督、岩浪美和。まさかのご自身出演らしきキャラもいて笑った。あと、ゲストキャラで 立木文彦平野綾三石琴乃 が登場して驚いた。エヴァハルヒ の共演。そういえばストーリー終盤もそんな匂いが。
それから、水島努 監督といえばやはり欠かせない要素なのか、名作映画パロディ&オマージュ、麻雀回があり、悪い癖だと思った。「東京物語」のパロディを入れるアニメなんて他にあるのだろうか。
ED「プリップリン体操」のことに触れないわけにはいかないが、まあその、なんとも、結論、ばかだなー、くらいのひと言に尽きる。
終了から七年も経っているけど、続編に期待。