BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

冬アニメ3話付近

オルフェンズ、15 話。
アトラ の虚勢張る様が完全に イカ娘。笑った。フミタン は性格のアレさが 岡田麿里 色濃厚で、良い。クーデリア に対するここんところの態度には、ガンダム 初期シリーズの女性陣を思わせる嫌悪感もあって、良い。
そんな場面に仮面の男。無理矢理のガンダムマナー。
ところで モビルスーツ はどこいった。

だがしかし、 3 話。
親父さんが出てくるとたまにどっかの理事長が居る気がする。
この作品の面白さの大半はパロディ要素のような気がする。

GATE、15 話。
伊丹、らしくないな、と思わせつつ、旅立ち決心までの振りであった。
新パーティー結成で晴れてハーレムものに。
芝居としては 諏訪部順一 が引っ張っている、というかかなり 諏訪部 頼り。
ヤオ のひともよかったけど。昭和アニメ並みの熱を感じた。

ハルチカ、3 話。
ところどころはおもしろいけども、ピーエーじゃなかったら切る内容。作画の甘さもちょいちょい気になる。吉田玲子 の脚本は作品によってムラがあるとも思う。原作付きの作品だと原作の内容に左右されるのかな。
OP 曲はなんで男女デュエットみたいになっているんだろう、と考えたら、あー恐らく ハル と チカ の声優二人に歌わせる曲を発注したところ難しすぎる歌が来てでも良い曲だから声優は無理だけどこれそのまま使いましょう、っていうようなことなんだろうなー、と勝手に解釈。

アクティヴレイド、3 話。
小澤 石上、声の類似を逆手にとった音声指示バトルが笑えた。
おたくが犯罪行動を起こす話って 踊る大捜査線 でもあったな。伊集院だったな。各話オムニバスと見せかけてその裏で1シーズン通しての事件が進行している、というのは「ケイゾク」風でもある。黒幕らしきあいつも アサクラ っぽい。

赤髪、14 話。
ラジ王子 の既視感のあるうざい感じ・・・、あー 四月一日 のひとだったのか。そう踏まえて見ると、より笑える。色々観ておくもんだ。

紅殻、3 話。
流し見した。こんなとこにも 諏訪部さん が。じゃあ次回からもう少しちゃんと観よう。
今回前半で何か重要な話を観逃したような気もするけど、まあいいや。

グリムガル、3 話。
この目立った盛り上がりもない展開で一話終えるという余裕。でも全然つまらなくない。あっという間にエンディングだった。世間的には低評価らしいけど、このままこの調子でやっていってほしい。