BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

「げんしけん2」

dアニメストア見放題、全 12 話。2007 年放送。
水島努 無関係のシリーズ 2 期。無関係なので観るのを忘れていた。1 期と共通しているのは脚本の 横手美智子 と主要キャストぐらい。
1 期からの続きで、笹原 が会長になって以降の活動、一年くらいを描く。続きとは言いつつ、いきなり新メンバー 荻上千佳 が当たり前のように居て、入会の経緯やキャラの初期設定などの説明は全く無く、ちょい戸惑った。どうやらそこらへんは「くじびきアンバランス」 DVD-BOX 特典の OVA で既にやったことなので割愛、ということらしい。或いは原作読め、と。テレビシリーズしか観ていないひとに対しては不親切なことだ。
そんな 荻上 と 笹原 を中心とした同人誌制作 〜 コミフェス 参加の話をメインに、大野 と 田中 の恋愛、斑目久我山 の就職〜卒業、笹原 の就職活動などがあり、オタク的サークル活動よりも各人の人間関係や人生についての話に主軸が移っていく。1 期でメイン級だった 高坂 と 春日部 は脇に回され、ほぼちょい役のような存在に。
スタッフが変わったことも影響したのか、アマゾンレビューなどでは特に原作ファンにはこの2はあまり評判良くないらしいけれど、原作を知らない初見の自分には特に問題無く楽しめる作品だった。細かくみると会話のリズムとか間の使い方とか色々なカットとか、1 期と比べると見劣りする気がする点が無いこともないけど、きっと気のせい。横手美智子 らしい脚本、か、或いは原作からのものと思われる台詞のやりとり、気まずさや甘酸っぱさもたっぷり含んだ青春群像劇の旨味がちゃんと味わえる、おもしろい作品だった。
終盤の 笹原 の就職活動の中での苦悩の描き方は、エヴァ かと思った。逃げ腰の 笹原 を叱責する 春日部、って完全に シンジ と ミサト のそれだもの。でその後立ち直ってなんとかなって「おめでとう」、だもの。
現視研』なのに、実質漫研同然の活動ばかりになっていったのが残念というか唯一不満と言えば不満。本来の『現視研』的活動は 1 期で概ねやったから同じこと繰り返しても・・・ということで仕方のないことかもしれないけど。2 期って大変なもんだ。
原作はどうでもいいけど 1 期の続きが観たい、という微妙な欲求を満たしてくれる作品だと思った。