BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

フズバ

風邪が長引いた末、ゲーム熱が冷めた。
昨年同様夏の暑さと共に去ったと捉えるべきか。


替わってアニメ熱が高まった、わけでもないけど、ふいに観たくなったので久々にガルパン観た。TVシリーズアンツィオ+劇場版。ブルーレイを差し置いて、配信終了が近いということでdアニで。
周囲にガルパン理解者がおらず、そんなに駄作だったかと疑念が沸いていたが、観ればやはり引き込まれる、やはりおもしろい。自分が観ておもしろいと思う、好きだと思う、ひとは関係ない。単純で純粋なこと。それだけでいいじゃないか、と改めて思った。




アマプラにドリフの全員集合が追加されていたので観始めた。コントの多くは過去にDVDでよく観たものだが、ゲストの歌のコーナーがカットされず入っていて今やそっちの方が見もの。
生演奏、生バンドをバックに生歌、生放送でカメラのスイッチングも編集なし、当時は当たり前だったかもしれないが、今や生ぬるさ以外の生モノは無くなったと思われる映像エンタメ業界の現状と比べるとすごすぎて、よく知らなかったB級歌手やバンドでさえ見入ってしまう。ホコリかぶって廃れきったメロディーや曲調でも不思議と全然聴ける。最新音楽の整って音圧分厚くこぎれいな曲はただただ平坦にしか聴こえない。これが老害の耳、くそ懐古厨というものだろうか。


マイケルやジャクソン5のアルバムなんかも追加料金なしで聴けるし、今さらながらアマゾンプライム、やるな。と思った。たまたま自分の懐古趣味にはまっただけではあるが、ありがたや。