BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

春アニメチェック2

波よ聞いてくれ

ラジオパーソナリティになったうるさい女の話。
テンポ良い作画悪くない、大人キャラしか出てこない。好みの要素は揃っているが、肝心の話が面白くない。ストーリーというか脚本というか、恐らく原作のユーモアセンスが合わないのだと思う。


グレイプニル

エヴァや SSSS.GRIDMAN の系譜っぽい。冴えない男子学生がとんでもない強力な力を得て何者かと戦う、その様その状況その世界観すべてで何かを問うタイプ、と見た。
主役が花江夏樹ということで、恐らく国民的人気作になりつつあるアレと同等のヒットを狙っているのではないかと。


イエスタデイをうたって

やけに静かな作風。ラブコメ感あるけど浮き足立ってなくて賑やかさもない。地味というべきか。そんな中、台詞で色々突き刺してくる。痛い。耳が痛いのとどっかにしまいこんだ何かにチクチク来て痛い。甘酸っぱさとこっぱずかしさも痛い。
地味なのに、疲れもありながら観たのに寝なかった。


八男って、それはないでしょう!

異世界転生モノ。疲れたサラリーマンが落ちぶれ貴族一家の八男の少年に。なんやかんやで大魔法使いになっていくとか。おもしろいところはないが、OP も ED も主題歌シンガーの顔ぶれが凄い。


放課後ていぼう部

九州のどっかしらの田舎港が舞台の釣りキティな女子どもの話。サブカル知識ふるまいつつワチャワチャやるタイプだと思うので、そういうのは懲り懲りってことで
1話切り。


社長、バトルの時間です!

ファンタジー世界でダンジョン探索によって会社経営をする新米社長と社員冒険者パーティーの冒険コメディ。異世界転生ではないが現実社会要素をミックスしている。
奇抜な設定だけの出落ちで、劇、芝居はこの手のファンタジーモノとしてはありきたり、全然面白くない。作画は良いのでこの芝居を楽しめる人には受けるのだろう。
1話切り。


天晴爛漫!

P.A.WORKS 制作オリジナルアニメ。
明治だか大正初期らしき脳ミソストーンワールドな時代に生まれた科学好き少年・天晴と、そいつに振り回される者共によるからくりチキチキマシーンな妄レース? ナディアかスティールボールラン風にも見える。ピーエーにしては久々に少し期待できる作品かも。
ここにも花江夏樹TARI TARI のウィーンが大した売れっ子になったもんだ。


富豪刑事 Balance:UNLIMITED

ノイタミナ。かつての深田恭子主演の実写ドラマが印象強い、筒井康隆原作の異色刑事コメディのアニメ化。ドラマ版は主人公の性別を変えるなどかなりアレンジされたものだったらしいが、今回は原作ベースだとか。たしかに登場人物にはドラマ版の面影がほとんどない。が、神戸の散財ぶりをバカバカしく演出する手法にはドラマ版に通じるところも窺えた。無駄に原作者が出てくるところも。
深田恭子という絶対的魅力を欠いての再映像化ということで期待はしていなかったが、ノイタミナだけあってクオリティは高め。ノイタミナだけに鼻につく嫌味もあるが、それが今作の主人公にはマッチしているかも。


LISTENERS リスナーズ

音楽?音響?で戦うらしき荒廃世界ロボットバトル? だかなんだかわけわからん。
導入はラピュタ、世界背景はエヴァとか進撃とかスチームパンクとか、キャラデザやキャラ設定は攻殻フォロワーな海外アニメチック。など、斬新に見えて色々既知の要素が入っていて新鮮味はほぼない。そういうのを知らない層には受けるのかも。



ひとまず以上。
追加があれば次回。継続 or 切り判断も次回。