秋アニメチェック4

戦翼のシグルドリーヴァ

世界に現れた謎の脅威、「ピラー」と名付けられた巨大な怪物相手に、複葉機に乗って立ち向かっていく少女パイロットたちの話。初回47分。
一見、んーストライクウィッチーズ? いやコトブキ飛行隊? あ、いや第三飛行少女隊か、と色々既視感。冒頭出た主要スタッフのクレジットの中「鈴木貴昭」の名前があったので、なるほど納得の内容ではある。
ストパンガルパン掛け合わせたのが第三飛行少女隊みたいなもので、その監督が作った複葉機飛ばしたいアニメがコトブキ飛行隊だったわけで。これら全部間接的に繋がっているようなもの。鈴木って人のみの作品歴から考えると、陸のガルパン、海のはいふりに続く、空の兵器×少女ものを作りたかったのかなと。三女やコトブキとカブっているのはたまたまだろう。その二作がなければ水島努が今作を監督した可能性もあるのでは。
どうでもいい憶測は置いといて。
シリーズ構成、脚本は長月達平。どこかで見た名前だと思って調べたらリゼロの作者。生き残ることに葛藤する主人公の感情の揺れとかはそのひとならではか。しかし日常会話がひどく寒かった。キモヲタが一人で全役やる妄想紙芝居でも聞いているかのような。
声優はわりとキャリアも人気もある人が名を連ねているので、やはり脚本が寒いんだろう。富豪刑事に続きレジェンド神谷明が目立たず出ていたりもしたが。
いくらか気に障る点はあるが、これだけの制作陣だけに話題にもなっているようなので、嫌になるまでは観ておこう。


ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

じゃあ本家の方はどんなだったっけ、と思ったところにその新作が同期にあるので続けて観てみた。
たしか過去のシリーズは1期と2期だけ観て飽きたからやめたとかそんな感じじゃなかったかな。どんな内容だったかもほとんど覚えておらず。
新作はどうやらそれなりに一通り過去シリーズの流れを踏まえていないとわからない点もある模様。当然か。でもおもしろいならこれを機に後追いすればいいと思った。
が、残念ながら、途中で寝た。過去に観たのと同じことをやっているように見えたし、それだけではなく同じような画の作品を直前に小一時間観た後だし。気づいたらエンディングだった。
主要キャストは変わっていないらしく、キャストクレジットが一昔前の一線級女性声優一覧みたいになっているのが面白かった。その人らが出てきたかどうかすら見てなかったけど。
そんなわけで1話切り。シグルドリーヴァの方がよっぽどダメになったら見直すかも。


いわかける! -Sport Climbing Girls-

壁に生えた岩に手足を掛けて上へ登る競技、スポーツクライミングをする女子高校生4人の話。
漫画原作らしい。未経験のド新人が天賦の才能で経験者を圧倒していくタイプ。とりあえずキャッキャウフフばかりで本文そっちのけみたいなやつじゃなくてよかった。が、だからといって特段おもしろいわけでもなく。
今のところスポーツクライミングという以外にアニメとして特徴が見当たらない。そつがないとも言える。先々の予定調和も知れているような。
続きは観る気があれば観る。


トニカクカワイイ

星空と書いて「なさ」と読む名の少年18歳とトラックにはねられても無傷の謎の美少女つかさ、交通事故をきっかけに知り合った若い男女の結婚生活話?
サブタイトルなのか、タイトルロゴに「FLY ME TO THE MOON」と付いている。要所で「かぐや姫」の話が引用される。それ以外に話の流れの中で不思議な点については言及されていない。トニカクカワイイのは若妻となるヒロイン少女のことらしいが、他に何かあるはず。今のところは奇妙な縁で結婚に至った若夫婦の馴れ初め程度。
これまた漫画原作。キャラデザも内容もあっさりした感じに見えるが、主人公男子の性格だけが濃くて浮いている。
よくわからないので、保留。


そういえば今回ここまでの作品、すべてに上坂すみれの名がキャストに入っていたが、ひとつも気づかなかった。


神達に拾われた男

ブラック企業務めで死にかけた男の前に三人の異世界の神が現れ、故あって8歳の高スキル持ち男児としてそっちの世界に転生、という定番の異世界転生モノ。
「八男ってそれはないでしょう」とさも似たりな導入。キャラデザがかわいい。特にまだ一瞬しか出ていないけどヒロインらしきロリ少女がだいぶ可愛い。こっちの方がトニカクカワイイと言ってもよさそうなくらい。
新鮮味の無くなった異世界転生、そのオーソドックスなパターンを踏まえた上で何があるのか。観よう。



つづく。
やっと半分くらい。