風来日記 1

せっかく取り戻した更新ペースを落としてはいけない。特に意味はないけど。オキシはひと段落、ハンターさぼりで日誌にならず。
ということで替わってやり始めたシレンのプレイ日誌を、昔読んでシレンをやるきっかけにもなった伊集院光ゲーム警報発令中のように面白おかしく、は無理だけど、オキシやハンターのやつ同様に適当に書く、くらいしかないかと。



風来のシレン 5 plus フォーチュンタワーと運命のダイス」
Steam 版である。

時代の波に乗ってこれで動画配信でもしてみるかというしょうもない下心を抱えて買ってやってはみたが、配信環境を整えるのが面倒臭く、プレイ動画をアップロードするというパターンにおいては、編集作業はいいとしてできあがった動画を出力後にエラーなどあり思うようにいかず、ああこれはその界隈に踏み出すべきではないというお告げなのだと理解。

ということで動画でやれば数倍早いことを読むに煩わしい長文とわずかの画像だけでやるのが自己流、と思うことにして、の以下である。



ファーストプレイ。

まずは最初の村。ゲームにおけるストーリーなんてどうでもいいので、あらすじや主要人物のセリフを大まかな単語だけ目に入れて流して流して、しかし始まらねえ。本編までが長い。
最初の小さな村でチュートリアルダンジョン。勘を取り戻すために5コほどこなして、結構だいたいの基本動作は身に染み付いて覚えていたので全部はやらずに最初のダンジョン「運命の小道」へ。

前提として、PC キーボードでの操作になかなか慣れず、加えて久々何年ぶりかというのと加齢による思考回転速度の低下により、一手一手が遅い。動画化もくそもという遅さ。
操作ミス以外の目立ったミスはないものの、最初のダンジョンを抜けてフォーチュンタワーに辿り着くのに30分弱。不慣れのあまり画像もない。


助っ人キャラのタオ、キーキャラのジロきちを仲間に
フォーチュンタワー「過去の塔」へ。

『Lv は今いる階数+2』まで上げるセオリーを守る主義だが、運命の小道からレベルも装備も所持品も引き継がれているのであまり気にしなくていい。余裕があるのでフロア全域を満遍なく回り、武器防具の成長など初めて知る要素に都度喜んだり不安になったりしつつ、7Fでめでたくモンスターハウスに遭遇し真空斬りで余裕突破しつつ、合成の壺も2つ拾ったり、などなど堪能、1時間かけてクリア。
装備もアイテムも充実した甘々ダンジョン。初心者はどうか知らないけど、カムバック勢ならこれで死んだら貴様は無能だと罵られるレベル。

とはいえ疲れてひとまず終了。

f:id:motah:20201210204519p:plain



翌日。だったかどうか忘れた。
設定いじって画面表示を変えたりしたのち再開。
運命の小道 割愛。

「現在の塔」へ。
マゼルン登場。これで思い出した。なぜこんなにシレンに思い入れがあるのか。そういえば昔デバッグのバイトをやったのだった。(思い出割愛)
ここも持ち込み可ダンジョンなので割と無難に。
4Fでミドロの分裂地獄にハマりそうになるも『封印の札』で切り抜けた。
f:id:motah:20201210204819p:plain

5Fではフレフレハムポンに初めて遭遇。不愉快。
ここもまた1時間かけてクリア。

f:id:motah:20201210204929p:plain

ただし本番は村の倉庫。
合成作業、保存の壺整理、預かり所利用、で30分ほど。



次の日。
最初の村のチュートリアルを全部終わらせてから再開。

「運命の小道」
こんだけ甘々なら育成中の武具は置いてきてもよかろうと余り物の『どうたぬき』プレーンと『いい木の盾』で来たら、3Fでチンタラに殺されそうになる。
気を引き締めて進んだ5F、接近した あまぐりん にアイテム1コ目大きなおにぎりを投げつけたら即爆発でまた死にかける。こわくなって銅の盾に替えてなんとか乗り越える。

フォーチュンタワー
「未来の塔」
今回もハムポン不愉快。いやらしい敵が増えてきている印象。
3F、上がってすぐに居た NPC『子供』に、なぜかジロきちが攻撃を仕掛け始める。通路の先に敵が3体いて、まだ距離があったので引き返して別ルートに向かったが、ジロきちは子供をどつきながら通路の闇へ消えてゆき、ほどなく「子供は倒れた。」
遠隔戦闘のメッセージ表示は続き、ジロきちはひまガッパ、ピョコダイル、まわるポリゴンの3体に袋にされ、5歩あるいたところで
f:id:motah:20201210205103p:plain

現場に行ってみたら、見慣れない墓があった。後にわかったがどうやらそれがジロきちらしい。それを横目に、同じトリオ+ハムポンの連携攻撃を受けてまた死にかけたので逃げて階段へ。
登ったら、行き止まり。3階で終わり? ではなく、キーキャラのジロきちが死んでしまっては進めなくなる仕様らしい。

f:id:motah:20201210205157p:plain



村に戻され、再び出かけようとするとコッパがジロきち回復用の薬草を所持せよと。それはいいとして、今度は出し惜しみせず育成中の 竜斬刀 と 獣王の盾 を装備。

「未来の塔」リトライ
3Fにそのまま残っていた墓に弟切草を投げつけてジロきち復活。
f:id:motah:20201210205312p:plain

鍛えた盾のおかげで力押しプレイでもわりと難なく進む。
タオも仲間に加えて、3つの塔をクリア。

3つのダイスが揃って塔の先、「仙人の庵」へ。
これまた初体験の新要素「夜のダンジョン」のチュートリアルをやって終了。



次の日。
「仙人の庵」の先
「フォーチュンタワー秘境」へ。

見るからに強そうなムキムキ系が増えていくが、竜斬刀 改め 竜斬の剣 で結構戦える。と思ったけども、3Fで夜が来て、見えないところでモンスター同士が暴れて次々レベルアップしていくメッセージが流れるのでこわくなってきてすぐ階段へ。
一旦フォーチュンタワーご本尊へ入るイベントを挟む。

4Fは昼に戻っていて、ああ昼夜時間経過はさっきのフロアだけかと安心したのも束の間、フロア中隈なく回っていたら6Fに着く頃に再び日が暮れ、ぬすっトドすらも怖い夜。
仙人に教わった「技」で凌いだり、杖系やりくりして、階段見つけたら即上がる逃げ腰スタイルで上がる上がる。とにかく親父戦車シリーズがこわい。「闇ガンコ戦車」てネーミングだけで死ねる。実際やむなく通りがかった折に気づかれ、タオは消し炭となった。
f:id:motah:20201210205606p:plain


8階で夜が明けたが、飛ばしてきた分昼の通常モンスターの強さも如何ほどか知れない。こっちは Lv 24 だったがそれを確認する余裕すらなく、ひたすら直接戦闘を避けて階段を探して逃げ回る。
そんな中、13Fで竜斬の剣がドラゴンソードに。
切り抜けて14Fも越えて「運命の間」へ。

ボス戦。
開始早々、3歩後ずさったところでジロきちまた死んだ。
無理。杖やドラゴン草の効かないキラーギャザーの対策を考える精神的余裕がない。口惜しいが一旦退こうと、敵および育てた武具への未練にも負けて退却。脱出の巻物。

f:id:motah:20201210205719p:plain



しかしもう一度あの煩わしい夜を越えないといけないのかと思うと、ちょっとやる気にならんな。本編以外のダンジョンで口直しするか。




書いてはみたものの、1としつつ続きはないかもしれない。