BOOTSFIGHT IN THE AIR

うすしお

慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~

これも異世界かるてっと参加作品とのことで、気は進まないが観ておこうと。2019年10月期、まだ一年も前ではない。のみならず、当の いせかる 2期と同クールに放送中だった作品らしい。そんなこともできるのか。いせかる 3期が来たらさらなる参加作品の追加がありそうなのでそれに備えてカドカワ系の異世界云々系で見逃しているやつを予想して予習しておこうかとも思ったが、同期のものでも登場しうるのでは予想も不可能。
さておき。
なぜオンタイムで観ていなかったかと言えば、この題名。頭の悪そうな言葉の並びに脊髄反射で視聴選別対象から外した。実際観たらば、恐らくオンタイムで観ても1話切りしていたに違いないものだった。
攻略の難しい救済難度S級という世界を救う命を受けた一人の女神。そいつの手により異世界から勇者として転生されたのは、何事にも準備を重ね、完遂させるにも執拗に念を入れる、度が過ぎるほど慎重な男だった。そんな女神と勇者が世界を救うために戦う話。
1話目だけ、設定だけを観れば完全に このすば の二番煎じ。真似しただけなんじゃないかとすら思える。が、全体的には 盾の勇者 や ワンパンマン みたいな話だと思った。慎重勇者が慎重なことには理由があり、色々と伏線も仕込まれており、物語としてはそれなりにそれなりだった。良いとは思わないが、好きではないが、その理由とか真相とか薄っぺらいとは思うが、タイトルから受けた最初の印象を覆し、意外にちゃんとしていた。
1話切り必至だと思ったのは、主にギャグ要素。このすば 路線ではあるが、似て非なる、自分の好きなコメディセンスにそぐわないもの。勇者 聖哉 は良いとして、他がどれもいまいち。原因はたぶん監督。迫井政行は「装神少女まとい」以来その名前を目にする度、このひと合わねえなといつも思う。この作品でも主役の女神 リスタルテ のわちゃわちゃしたノリが苦手だった。豊崎愛生の他作品では見かけない壊れかけた怪演と、キャラデザ無視してデフォルメにも劇画調にも変幻する作画によって、苦手もクソも知るかという勢いで笑いを取りに来るのでそこそこ楽しめたが、半分引いていた。
でも結局これギャグアニメで、勇者の過度な慎重さっていうのは要するに毎度毎度何事か起こる度に発生するボケであり小ネタギャグであり、そこを女神が空回り気味に過剰な勢いで突っ込む、それをさらに周囲のキャラクターが(または視聴者が)冷めた目で突っ込む、というのがお約束で、大半はそれで成り立っている作品だと思った。終盤の展開はそういったギャグが鳴りを潜め、話をまとめるためかシリアスな方向へ。最後の最後は勇者を出すことなく終わってしまい、ちょっと意外だった。
あとは、潘恵子とか三石琴乃が出てきて笑えた。
続編がありそうな終わり方だったが、この続きはどうやら敵も勇者も世界も強さがインフレしていくばかりのようなのであまり楽しめなさそう。あったら観るかもしれないが無くてもいい。この全12話できれいに完結していると思う。

気づいたらおれは

何か長ったらしく書こうとしたけどよくわからなくなって序文で終えたものの寄せ集め。
略して以下、最近思ったこと。




通勤用イヤホン、オーディオテクニカ ATH-CKM500 。7年使っている。傷んできた。右が音切れすることがある。同じのを買い直そうと思ったら、既に生産終了。三世代くらい前のものとなっていた。しかたなく曾孫くらいに当たるやつを注文した。完全に死ぬまではじじいを使い倒すが。

audio-technica イヤホン カナル型 ハイレゾ対応 ブラック ATH-CKR70 BK 小型




異世界転生・転移ものを幾らか観ているが、それらのここ数年の流行のきっかけになったやつって何だろう。観たことないはず。最近ヒットするやつはそんな先駆のものを「王道」として、そのカウンターで出てきたようなのが多いように思う。主人公らも序盤でそういうような愚痴をこぼすし。



急にナンバーガールが聴きたくなった。夏、「透明少女」な感じだからか。何年かぶりに思い出振り返り DVD を観たりした。
ナンバーガールを聴いていると、自分はあれから過去二十年何をやっていたんだろうと、その期間の生きてきた年月が嘘か幻かのように思えてくる。

ナンバーガール映像集「NUMBER GIRL」 [DVD]




リゼロの親子回は、スバル世代の子供視聴者に向けたエールだったのか、親の世代のおっさん視聴者に親のありかたを問うものだったのか、もやっとした。ただ感動を誘うための安易な家族エピソードだったのだろうか。



飯時の片手間に見た「幼女戦記」の劇場版が、意外にかなりよかった。テレビ版の総集編程度かと思ったら完全新作だった。
これってしかし、テレビ版から感じていたことだが、悠木碧、何か鼻につく。軍事用語や古めの軍国主義者的台詞を得意気にスラスラと発し、でいてあのターニャの常時ドヤ感。たぶん声優冥利に尽きる、やりがいのある役だとか思っているんだろうなあ。そんな感じがあるからこそ、時にその鼻っ柱がへし折られる逆境的展開も楽しめるのだと思うが。
多国籍軍のヒールたるメアリー・スーの怨念復讐攻めは、そのターニャがまともに感じられるほどうざかった。



アイマス15周年とのことだが、それよりも 765 系のレギュラーラジオ番組がすべて終了していたことに驚いた。



Terraria 、600 時間。Journey でやり直す前が 450 時間くらいだったから、そこからでも 150 時間。でも全然進んでいない。掘ってはいるけど、ゲーム進行度としては前回 450 時間の時点と大して変わっていない。

theHunter Report 2

某日、昨日。

f:id:motah:20200802172019j:plain

コヨーテ、初捕獲。
前回チーラの山の中腹で見つけた餌場近くで張っていたが、ゲーム内動物図鑑によるとコヨーテは臆病で視覚と嗅覚が鋭いとのことで、張り込みを感づかれているのか、長い時間待っていてもやってくる気配がなかった。聴覚に関する記述が無いということは追いかけられる音には頓着しないのかも、などと思い、夜、ライトつけっぱなしで足跡と痕跡を追った。するとうまいこと、動く姿を初めて発見。遠くに逃す前に仕留めねば、とライフルを構え、動線を先読みする感覚で、照準が上ブレするのも計算づく、ここだ、と撃ったら当たった。わずか数歩先に亡骸が転がっていた。まぐれ。



f:id:motah:20200802173540j:plain f:id:motah:20200802174059j:plain

オグロジカ。もうこのビギナー用の獲物はライフルなら狩れて当然、という慢心感覚になっており、写真撮るのも良い角度とか狙ってみたり、しばらく観察してみたり。ハンドガンでもいけんじゃね? と思ってやってみたら、一発ではやれなかった。



f:id:motah:20200802174159j:plain

しつこく探して、ウサギもハンドガンで。



f:id:motah:20200802174335j:plain f:id:motah:20200802174349j:plain

翌日、今日。
アメリアカシカの群れを発見。餌場だったらしい。一頭撃って追いかけて、足取り見失って、右往左往の最中にまた一頭撃って逃して、疲れたなあと思ったところに出くわした枝っぷりの良いオスにショットガンをやってみたら、また逃しかけたものの、なんとか追いかけて息絶えた亡骸にありついた。アメリアカシカも初捕獲。



その後はまたコヨーテを追いかけ探し回ったが、4時間ほど翻弄され続けて疲れ果てた。一頭は 5km くらい追い続けて知らない地方まで入ったが、撃たれまいと逃げる執念に負けて諦めた。ほか、ウサギもシカも寄り付かず、至近にしても即気づかれ逃げられ。
新たに見つけた展望台に登って、腹立ちまぎれに適当な彼方に向けて一発無駄撃ちして終わり。



ウサギならコヨーテ、シカならクマ、食物連鎖の一個上の奴が近くにいるならその方向には逃げない、もしくはそっちに逃してもいずれ戻ってくるだろう、みたいな思考読みをして、ここで待つ、もう少し南東に下がろう、とか判断する。それがゲーム的に攻略として正しいかどうかは問題じゃない。そういうことを考えたり、そう動いたり、その読みが当たってまんまと獲物に遭遇できたり、がっつり空振りして時間を無駄にしたり、それもこれもすべてが楽しい。リアルな狩りの楽しさ、なのかどうか経験が無いのでわからないが、たぶんその片鱗くらいは味わえている気がする。
ただ本当に物凄く疲れる。ここで待つと決めたポイントで張っている最中に寝てしまったり。でも大概そうやって待っていても何も出てくることはないので、それを知りながら5分後に目覚ましをかけて寝る。狩りをするためのゲームの中で、狩ることを放棄する。そんな自由もまた楽しい。

盾の勇者の成り上がり

異世界かるてっと関連、2期で出てきたやつ。オバロ、幼女、リゼロ、このすば、全部ちゃんと楽しめたので、この際これも観ておこうという気になった。
昨年2019年放送作品。これ観てると言っていたひとが周囲に何人かいたが、タイトルに「勇者」とかファンタジー RPG 系の語句が入るやつは何か食わず嫌いだったところがあり、たしかそんなことで内容概要も特に調べず視聴選別対象にすら入れなかった記憶がある。ヒット作に成り上がった後も特に気にしていなかったが、いせかる に参戦したことでやっと目を向けるに至った。などあり、実際観てみたら、端々に胸糞悪くなる展開、エピソードはありつつ、概ねは結構引き込まれて次々先を観たくなり、2クール全25話ありながら、結果的に三日で全部観た。
「波」と呼ばれる謎の脅威が定期的に襲ってくるファンタジー世界に召喚され、異世界転移してきた現代的男子四人。各々別々に「剣」、「槍」、「弓」、「盾」を専門とする「勇者」に仕立てられ、協力して「波」に立ち向かうことになるが、諸々の陰謀により「盾」の勇者は迫害され、他の勇者たちからも疎んじられてしまう。絶望と人間不信で腐りかけた「盾」だったが、諸々の末、信頼し合える仲間を得たりして、自分を蔑み貶める者たちに抗いながら、多くの人々の信用を取り戻していく、といった話。
タイトルの「成り上がり」とはそういうことかとまず理解。それが主題であるだけに、序盤で一度一気に貶められ落ちぶれさせられる、そのやり方がゲスで胸糞。主に1クール目では常々似たような胸糞事件が起こり、一方で救いのある事も発生する、その上げ下げによって各話の盛り上がりと引きをつくっている印象だった。ただ全体の流れとしては「隠し砦の三悪人」風の逃亡劇であり、「何のために戦うのか」とか「勝ったのは誰?」とか「七人の侍」的な裏テーマが垣間見えたり、劇中でも言及があったが「水戸黄門」風でもあり、ファンタジーベースに見せているけど要はこれ時代劇みたいなもんだな、と思った。
2クール目後半、謎の敵キャラの素性と共に「この異世界 VS 別の異世界」という構図が明かされ、え?と思った。ネットで視聴者の感想を調べたら、やっぱり知っているひとは知っている。その構図というか世界観は「ぼくらの」に似ている。残念ながら最終的な結末まで行かず2クールを終えてしまったので、この作品における異世界対戦にどういう経緯と目的があるのかわからないが、2期は制作決定しており、「ぼくらの」風の話になっていくのなら、「ぼくらの」を超えるほどのものにはならない、だろう、と思った。恐らく比較してしまうとだいぶつまらなくなるので別物として観たいが、複雑な感覚。
時代劇的勧善懲悪や圧政抑圧に対する反体制的姿勢と「ぼくらの」的生存競争、といった点で主に楽しめたのだと思うが、要所に入る泣かせ系エピソードがちょっと鬱陶しかった。特に2クール目、ラフタリアの過去エピソードあたりからそんな感動押し付け感が強まってきて、同時に回想やバンク使用による振り返り演出も増えていき、2クール目中盤はテンポが悪かった印象。フィロリアルクイーンの回辺りや対三勇教教皇戦もあまり楽しめなかった。もちろんそれらのエピソードが無いと「盾」とパーティメンバーを強く見せる説得力に欠けてしまうので必要だったとは思うが、まあそういうのがあろうがなかろうが結局は主人公補正やご都合主義的にしか見えないところも多いし。
などと幾らか文句をたれつつも幾らか泣いたのも事実。ラフタリアの両親や友人のエピソードはずるい。故人で泣かせてくるのは駄目。泣くけども。うまそうなマンガ肉で腹が減るのと同じ。性癖を刺激する色な画で欲情するのと同じ。条件反射であって話や脚本云々とは別。
あと、盾以外の三勇者の扱いが、劇中では尊く優遇されていながら、視聴者目線ではただ出番の少ない脇役で肝心の時には役立たず、名誉挽回することなく全25話終了、という不遇ぶりで笑えた。ある意味それもカタルシスだったと言えるかも。
ストーリーについてはもういいや。でもストーリー面以外で特に書くこともないな。演出、声優、作画、いずれもそつなく、文句なく。ステータスとかスキル、経験値とか、RPG さながらな UI 表示なんかは好き。
なんやかんや言いつつ、幾らか観てきたこういった異世界転生・転移ものの中では一番好みに近い作品だったかも。

theHunter Report 1

theHunter 、ハマった。
初めて四日で Dead Cells のプレイ時間超えた。

飽きるまで狩猟日誌でも詳しく書いてみようかと思ったが、無駄に細かく長くなって毎回それを続けるのは無理がありそうなのでやめた。
適当なスクリーンショットと共にダイジェストでなにか書きたきゃ書けばいいかと。


f:id:motah:20200726232819j:plain

開始から三日目昼までの狩猟履歴。
狩場はどこがいいのかよくわからなかったので、選択肢1番のレイトン湖水区で始めた。
チュートリアルのシカ一頭が記録されていないので獲物の数はこれらプラス1。四頭目で早くもヘラジカを仕留めている。しかもたしか早朝(ゲーム内時間)の薄闇、雨天だった。これで良い気になった。自分はなかなかのハンターなのでは、と思った。格好つけて、無駄撃ちはしない、獲物を見つけてもすぐには撃たない、気配を察して逃げる奴には「フッ、気取られたか」とか呟いたり。
シカよりもウサギが難しい。的が小さいし、飛び回るので。なんとか二羽は仕留められたが、その後もウサギを主目的として歩いているのにクマやシカが邪魔してくる。クマは襲ってくるかと怖かったが、何のことない、ただのデカい的だった。ショットガンの練習台にしてやった。緊張した。
基本的にほとんど一発で仕留めている。初期装備で低レベルゆえか、いずれも即死とはいかなかったが、ちょっと外したなと思ったショットもだいたい致命的臓器ダメージになっていた。傷も浅くこれは逃したなと思って追わなかった奴が、後々別の奴を追っていた先で行き倒れていたということも二度ほどあった。


f:id:motah:20200726234314j:plain

三日目終了までの戦績。
命中したショットの数の割に獲物の数が少ないのは、遠くのを撃って外したなと思って確認せずにどっか行くということがよくあるからだろう。



この日、チーラにある山を目指して歩いたが、着く頃には深夜(ゲーム内時間)になった。山のふもとから既に何の足跡も痕跡もなく、山頂目指してどこまでいっても何もいなかった。深夜の山登りにまでも、現実には未経験なのにリアリティーがあり、山頂における薄ら怖い感覚には、同時に不思議と感動を覚えて涙ぐんだ。何も狩っていないどころか動物の影すら見つけられていないのに。

f:id:motah:20200726235635j:plain


この後、チーラの展望台を見つけ、アウトポストまで歩いて終え、明けて今日はコヨーテを探して右往左往続けたが、成果はなかった。気配に辿り着くことさえ叶わなかった。途中に出てきたオグロジカに一発、もうやめようとチーラ湖まで出てきて双眼鏡で何気なく対岸を見て見つけたマガモに向けてやけくそ一発。というスカ二発、弾を無駄にしただけだった。
コヨーテが最初の壁になりそうだ。



結局長くなった。

この素晴らしい世界に祝福を!&同2

リゼロに続き、異世界かるてっとの欠けたピースを埋めるための一気見。
1期:2016年放送、2期:2017年放送。交通事故死をきっかけにファンタジー RPG 風世界に転生した少年が、その世界の魔王を倒すために冒険者の職に就き、水の法術を使いこなす女神、超強力な爆裂魔法を使う魔女少女、守備力特化の女戦士、という三人の仲間を得て、強敵たちと戦っていく話。
面白い。すごく笑えた。自分の好むのんのんびよりや女子無駄タイプのやつだった。なぜ観ていなかったんだ。たしか放送当時、そのクールの1話チェックをする時、視聴選別候補に入れようとしたと思う。が、リゼロ同様、出演声優を確認したら主演声優陣に一人気に食わないのがいたので、おもしろいとしても観てたまるか、みたいな感覚で選別対象外にしたのだった。1期を観なかったので2期も同様。やはり、アニメはキャストや監督や作家で選り好みしてはいけないんだな。
色々とよかったところはあるが、序盤で一番ツカまれたところは、ダクネス登場時のカズマの反応「うわあ・・・目がヤバい」って言う台詞。かなり笑った。カズマ=福島潤って何のひとだっけと思って調べたら、変な話の茶沢のひとだとわかり、なるほどカズマのあの感じはそのひとゆえか、とも納得。あと2期のどっか、聖剣エクスカリバーを目の当たりにしたアクアが、姿勢も表情も何一つ変えずにそれを鼻で笑い捨てるところもすばらしかった。雨宮天、というか声優はすごいなと思った。茅野愛衣ダクネスというのもまた。
その他、どういう面がどうだとかどういった演出が脚本が構成がとか語るのは無粋で寒くなるのでやめておこう。特別書くべき言葉が出てこないだけだが。ひとつだけ、次回予告のカットアウトはモヤっとするけど、鯛焼きのしっぽまであんこ詰めるような笑いへの気配りに感服。
続きがあれば観るだろう。それよりもこれで4ピース揃ったので、やっとこさ異世界かるてっとを100%楽しめるに違いない。

幼稚。

あのアニメは幼稚でつまらない、などと最近何度か書いていたが、ふと思うに、そう書いた作品以外のものも実質出来については変わらないかもしれない。なろう系と呼ばれるファンタジー異世界転生モノなどは幼稚。と言われれば幼稚と捉えられるところはある。むしろそう考える人が多いのか。コメディ成分の少ない作品ほど大人っぽいとされることは多いはず。しかし幼稚だと断罪される作品でも、観るひとによってはそうは感じないこともあるはず。いや、捉え方の問題を言いたいわけじゃない。
アニメを観る上で、アニメに限らなくてもいいけど、自分が既にその作品の視聴対象推奨年齢の枠には入らないと思われるおっさんであるにも関わらず、その作品を楽しめてしまうその感覚を、おっさんの自分は幼稚だとは思いたくない、認めたくない。だから好んで観られるアニメには、作品には、自分の感性が幼稚だと思わせないでほしい、自分が幼稚だと気づかせないでほしい。めくるめく展開で、強烈に心を揺さぶる演出で、深く考えさせる台詞で、鳥肌立つ胸を打つ演技で、ごまかしてほしい。根幹にあるかもしれない幼稚さを、端々に滲み出そうな幼稚さを、25分間かき消し続けてほしい。気にさせないでほしい。


おっさんだって子供だアニメを観るのが何が悪いか。アニメは子供向けの映像ではない。おっさんが観るに相応しい作品もたくさんある。幼稚なものもあるが、そんな玉石混淆、アニメに限ったことではない。本来そのような言い方も正しい。正しいはず。だが世間は違う。世間の目を気にするわけじゃないが、気にする必要はないが、気にしたってしょうがないし観たいものは恥じながらも観るに決まっているが、何と言うのが適切か、自分本来のおっさんが自分の中の子供を許さないような、逆に自分の中の子供に自分本来のおっさんが笑われるのが嫌、というような感覚。自分の中の子供に、大人になれよと背中を蹴られている感じ。自分本来のおっさんは幼稚で結構だと居直り虚勢を張る感じ。そのどちらにも嫌気がさす。
十年前には古い白黒映画を好む趣味があった。それはそれは大人びていたというか、歳相応悪くない趣味だったと思う。が、一方で「おまえはそんなに大人を気取れるような大人か?」という不釣り合い、分不相応な感覚もあった。アニメを観るようになったのは、映画趣味が一段落した頃。ガンダムイデオンを幼少期以来に見直して初めて作品内容を理解。その後スペースダンディ等で作画や演出に興味を持ち始め、というタイミングで SHIROBAKO が出てきた。以後今に至る。
アニメが好きなわけではない、好める映像作品を求め続けて現代最新作品にも目を向けてみた結果、それはアニメだった、まともに観ていられる最新の映像作品はアニメにしかなかった。というのが自分がアニメを観る理由であり、自分の幼稚さへの言い訳。客観的に見れば、その好める映像作品を探す過程で、多くのひとにとっては大人向けとされる幼稚でないと考えられるタイプの作品を突っぱねて除外しているはずなので、要するにやはり幼稚は自分のセンスや感覚に内在しているわけだ。例えばこうしていつも無闇に長々書き連ねる文章も、口語としては普段使わないような語調で色々書いてはいるが、それが大人らしいか幼稚か、結局は自分の感覚ひとつ。大人らしい文章である必要はないが。

アニメ、映像作品を観ていて幼稚に感じる点は、具体的に挙げようと思えばいくらか書き出せるとは思うが、書き出したところでそれらが万人にとって幼稚と捉えられる点かというとそうでもないはずで。自分にとっては、台詞の間も考えずにテンポだけを重視して雰囲気カッコいい風に見せる作品は幼稚に感じるし、ひとによっては徒に伸ばされた間は無駄で冗長でしかなく不要なのにそれで大人向けを気取っているような作品の方がよっぽど幼稚だとか思われたりもするだろう。完全に子供向けの作品を「ここは深い」などと切り取って拡大解釈して「大人でも見れる」などと謳うものだってあるし。やはり捉え方の問題に行き着いてしまう。

幼稚って結局なんなのか、と突き詰めると、究極には「良い」や「悪い」の言い方の違い、表現の違いでしかない気がしてきた。もちろん「幼稚」本来の幼い、拙いという意味も込めた上での良し悪しではあるけども。幼稚幼稚とたまたま何度か連続して書いてみたらば、おまえ自身の方がよっぽど幼稚だろうと自己批判の感覚が伴い、自分が幼稚なのに他人の作品に対して「幼稚だ」などと批評できないから今後はそんな言葉使うまいとか思って、ここしばらくもやもやしたものがあったので、このようにしたためてみた。