BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

秋アニメ5話付近

櫻子さんの死体埋 も切ることにする。ガルパン を観直したらやっぱりおもしろい。毎日一話ずつ、その一話がすぐ終わる。本当におもしろいと思えるアニメは一話の経過時間が早い。そうでないアニメは切る、または続きを観たいと思えなくなる。今月末で見放題期間終了ということで ガンスリンガーガール も観直してみると、これもやはり一話が早い。と思ったら、一話につき 21 分程度なのだった。進撃中学校も早い、と思ったら 15 分程度なのだった。


継続番組が 6 作にまで減ったので、こまめに感想書いてもいいかも。

コンクリートレボルティオ、5 話まで。
いくつかの時代の話を行ったり来たりするので混乱しがちだけど
やはり今期一番おもしろい。かもしれない。

鉄血のオルフェンズ、4 話まで。
少年少女中心の一部隊が活躍するという、ガンダムらしさがじわじわと。
クッキークラッカービスケット、というのが印象強すぎて他のキャラの名を覚えられない。

進撃中学校、5 話まで。
アルミンのふとんとか、体操服の名前の表記とか、これみよがしに見せつけておきながら誰もツッコまないという笑いの誘い方に、ちょっとイラッとくる。くやしい可笑しい。

キャバルリィ、5 話まで。
なるほどそういうキャラだから前期アレの 石上さん か、と納得。そしてやはり主人公二人、ファニ坂さん と 石上さん の絡みが面白い。その点のみが見所のほぼ全てといっていいほどに。

ワンパンマン、5 話まで。
常に主人公よりも他のひと脇のひとの方が面白い。というか主人公一人だけ全然面白くない。ずっとスベっている。ジェノス のおかげで観ていられる感じ。

ご注文うさぎ??、4 話まで。
ほぼ全くおもしろくないけど惰性で観ている。キャストが、前期 Charlotte、GATE、がっこう、のんのん などでメインを務めた声優さんたちばかりというのでなければとっくに切っている。



ガンスリンガーガール、全話ちゃんとじっくり観直した。
改めて、作風も雰囲気も脚本もすごく良い。と同時に、かなり重い話をやっていることに気づいた。リコ とホテルの少年の話なんか、怖い。やっぱり「ゴッドファーザー」をはじめとする西欧マフィア映画、またはキャラ名に窺える映画監督の昔のイタリア映画なんかをある程度知っているひと向けの作品、なのかもしれないと思った。ヴィットリオ・デ・シーカピエトロ・ジェルミ も、好きでよかった。



よく知らなかった女性声優さんの訃報に、驚く。
下セカ 放送時、休養発表があった後、もし万一この放送期間中に亡くなったとしても、アニメの内容が内容だけに、お知らせが出るとすれば最終回放送後だろうな、と思っていた。放送が終わり、何事も無く、杞憂に終わってよかったな、と思っていた、ばかりだった。下セカ 以外では活躍を存じ上げなかったけど、同い年というだけで少し気になる方だった。ご冥福を。