BOOTSFIGHT IN THE AIR

うすしお

続・2017 年春アニメ開始

有頂天家族2」

P.A.WORKS 制作。京都・下鴨に暮らす狸一家と、そいつらを取り巻く天狗と人間と、の交流の悲喜こもごもなやつの二期。ピーエー で二期ができた作品はこれが初では。さらに「サクラクエスト」との二作同期放送というのも初では。大丈夫なのか制作体力は、と無闇に心配になる SHIROBAKO 脳。
スタッフ陣は前作とだいたい同じっぽい。話の方は、新キャラとして 如意ヶ嶽薬師坊 の息子・二代目が加わって、どうやらそいつがキーマンとなるっぽい。が、変わらず楽しめるっぽい。

フレームアームズ・ガール

メカ/ミリタリーなバトルパーツを全身に纏い、AI で動いて戦う自立型美少女フィギュアたちと暮らす女子高校生が主人公の、一風変わった日常系? 百合コメディ? みたいな感じ。フィギュアどものバトルシーンの CG だけ見ると 直球表題 を思い出す。もしくは良く言えば シドニア か。
キャラのノリと会話のテンポは良い。一話二本立ての ドラえもん 形式なので、内容の緩急、展開が早くて、そこも見やすさに繋がっているのかも。しかしとりあえず2話まで、全然中身は無い。序盤は設定の奇抜さに慣れてもらうための紹介話数ということかな。

ひなこのーと

高校入学に合わせてド田舎から上京してきた、演劇に憧れる少女と、そいつの下宿先の女子たちによる小劇団の話、らしい。が、1話目は演劇要素希薄で、ぱっと見はただの ごちうさ 系の美少女集団日常コメディ。キャラが頻繁に SD になる表現など、前期の うらら迷路帖 とも似ている。
演劇要素が濃厚になってからが本番だと思うが、3話あたりで切りそう。



今期はこんなもんで。
先々ひとつふたつ切りそうな気はする。
あと dアニメストア で前期作品の「幼女戦記」が見放題に加わったのでそれ観る。



京アニ作品「日常」を一話、観てみた。
ギャグ漫画ベースのコメディらしいが、荒唐無稽やらシュールやら背景の小ネタやらの笑いの感覚が自分に合わないもので、ほぼ笑えなかったので、以降観る必要無し、と判断した。