BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

「true tears」

バンダイチャンネル見放題、全 13 話視聴。
P.A. WORKS 作品。高校生の男女の複雑な関係の恋愛作品とのことで、あんまり楽しめなさそうな気がしつつ、観た。
超常的存在や異能者のいない ハルヒ みたいなもんなのかな、と解釈。曲解。男子が主人公で、奔放な女子に振り回されつつ、その他かわいい子たちとなんやかんやあるようなところが。
吉野裕行 CV の役が SHIROBAKO の タロー と同じ感じで最初は笑ったけど、途中からとても良い奴であることがわかってきて、不憫だった。というか、こんな繊細な役柄もちゃんとできるんだな、と思った。ちゃんと人気があるひとはちゃんとしているもんだな。
全体の内容的には、ほぼずっと、重い。ピリピリギスギス。ずっと。高校生がメインでありつつ、内容は大人向けだと思った。つまり、かなりおもしろかった。終盤 2 回くらいは、なぜか、特に劇的でもないところで妙に泣けてきた。
これはなんで泣けるんだろう。心がふるえた、という、言わばそういうことだけども、どの部分に感じるどういう感動だったんだろう。ひとつには 石動乃絵 の人間性の良さに感じるところがあった。あとは、結局のところ、描き方が良いのかな。それと脚本。実写でもできる、実写の方が楽に撮れそうな作品を、敢えてアニメで、細部にまでこだわって描く、ということの凄みみたいなもんを見られたような気がした。実写でもできる、けど、実写でこれと同じ感動があるかどうか。
とにかく、これまた観てよかった。