BOOTSFIGHT IN THE AIR

カレー味

「のんのんびより」

全 12 話、ニコ生一挙配信。今期 2 期放送に合わせての。おもしろいらしいとのことで観てみた。
山、森林、田に小川、草木と砂利道、申し訳程度のバス停、あとは駄菓子屋くらいしかないド田舎の農村らしき地域を舞台に、小中合わせても全校生徒一桁しかいない分校の子供たちとその家族や周辺住民とのほのぼのとした交流を見せるだけの作品。
合わなければすぐに切ろうと思ったものの、最後まで、おもしろかった。会話や笑いのノリが「じょしらく」っぽいな、と思って調べたらメインキャラ 4 人中 2 人の声優が じょしらく とカブっている。またシリーズ構成、脚本の 吉田玲子 も じょしらく水島努 作品で書いているひとだということを知り、なるほどそれでか、と理解。
特徴としては、ボケの後のリアクションまでの間が、たいてい異様に長い。作画節約とか尺合わせでやっているようにしか思えない静止&沈黙でも多少しつこさが気になりつつも、毎回ちゃんと笑えた。たぶんリアクションとして返す言葉や反応のしかたがうまいのかな。ド田舎に暮らすキャラクターたちの人間性とのどかな会話のリズムとその異様な間を取る演出が、魅力のひとつ。4 割くらい。だと思った。
もうひとつが、メインキャラ最年少の れんげ の可愛らしさ。これも 4 割。絵も声も子供の愛らしさに満ちていて、駄菓子屋の子守回想などではかわいさ余って変に涙が出そうになったりした。きっと歳のせいだろう。
あと残り 2 割は、美しい田舎のきめ細かな風景描写。どうでもいいような会話やほぼ何も起こらないようなストーリーに何とも言い表しようのない深みを与えている、ように感じたりした。
他にも、調子はずれのリコーダー演奏を効果的に使う BGM や、藤子不二雄A「少年時代」を思わせるエピソードなどもよかった。
れんげ が気になるのでもう一周観たい。し、 2 期も観る。